STEADYのトレーニングバンドを使って自宅でヒップアップ! 10分で出来る筋トレをご紹介

製品

鍛え上げられた体はとても魅力的ですが、男女ともに憧れるのはキュッと上がって丸いヒップにくびれた腰、すらりとした足ではないでしょうか。

脚を長く見せたいならヒップアップが効果的です

そしてヒップアップを目指すなら、トレーニングチューブを使うことがおすすめ!

トレーニングチューブにはさまざまな製品がありますが、中でも下半身強化に向いているのが「エクササイズバンド」や「トレーニングバンド」、「ヒップバンド」と呼ばれるものです。

ここではバンドの選び方やバンドを使った下半身トレーニングの種類、おすすめのヒップバンドを紹介します。

 

トレーニングバンドで下半身強化! バンドを使うメリット

バンドはゴム状のトレーニングアイテム。

呼び方はエクササイズバンドやヒップバンド、ゴムバンド、レジスタンスバンドなど、さまざまなものがあります。

リング状で短く幅があり、製品によって強度が変化。

一般的にトレーニングチューブと呼ばれるひも状のゴムアイテムとは違い、お尻や太もも、肩回りなど特定の部位を鍛えることに適したアイテムです

 

トレーニングバンドを使うメリット3つ

トレーニングバンドを使うメリットは次の3つです。

  • 動きがシンプルでやりやすい
  • 負荷を変えやすい
  • いつでもどこでも使用できる

 

動きがシンプルでやりやすい

バンドを使ったストレッチやトレーニングはとてもシンプル。

基本は手や足でバンドを引き延ばすというものです。

そのため複雑な手順や体勢が不要で、運動が苦手な人やトレーニング初心者で筋力はまだない人でも気軽に使えます。

立って、座って、寝てというすべての体勢で使えるので、思い立ったときに他のことをしながらでもトレーニングができますよ。

 

負荷を変えやすい

トレーニングバンドは商品によって負荷が違います。

とはいえ、1本持っていれば持つ長さを変えるだけで負荷調節が可能。

自分のレベルや目的に合わせ、負荷を変えて最適な刺激を与えられます

 

いつでもどこでも使用できる

トレーニングバンドは軽くて折り畳めるため手軽に持ち運びでき、どこへでも持っていけるアイテムです。

職場や公園、カフェなど好きな場所でストレッチができますよ。

たとえば椅子に座ってパソコンをしていたり本を読んだりしているときに、太ももにバンドをかけてそのまま維持するだけでもトレーニングになるのですね。

マットや照明、シューズなどトレーニングのための準備が不要で、バンドさえあれば筋肉に刺激を送れます。

使う時間や場所を選ばないことは、トレーニングバンドの大きなメリットでしょう。

 

トレーニングバンドの選び方

トレーニングバンドを選ぶときは、長さや幅に注意しましょう。

 

【バンドの長さで選ぶ】

トレーニングバンドは長さによって得意とする部位が違います。

たとえば両腕や胸など、腕を広げる動きが必要なときには長め、お尻や太ももなど距離が短いときには短めのバンドを使うと効果的。

全身のトレーニングに使いたいなら長めのものを、下半身強化に使いたいなら短めのバンドを選びましょう

 

【バンドの幅で選ぶ】

トレーニングバンドはその幅によって商品そのものの負荷設定が違います。

幅が広ければ広いほど高い負荷に耐えられるため、ハードな筋トレにぴったり

トレーニング中にズレることもなく、正しいフォームでトレーニング可能です。

幅が狭いバンドは小さな力で伸ばせるため、トレーニング初心者やリハビリ、ストレッチなどを目的とする人におすすめ

ただし幅が狭いバンドの耐久性は低いので、買い替え時期は早めなります。

 

トレーニングバンドでヒップアップ! おすすめの簡単宅トレ3選

ではトレーニングバンドで期待できるヒップアップトレーニング、簡単な宅トレメニューを3つ紹介です。

トレーニング自体はシンプルなので、継続して行い魅力的な丸いヒップを手に入れましょう!

・スクワット
・スタンディングキックバック
・バンドデッドリフト

 

スクワット

筋トレビッグ3と呼ばれるトレーニングメニューの1つ、スクワットにバンドを使います。

【やり方】

  1. 膝の下あたりにバンドがくるように両足にかける
  2. 足を開くとお尻に刺激を感じる程度に両足を開ける
  3. 膝がつま先より前にでないように注意して、腰をゆっくりとおろしていく
  4. 太ももが床と水平になったら、膝を伸ばしきらないようにして腰を上げる
  5. 10回を1セットとして3セット繰り返す

バンドを使ってスクワットをすると、お尻に丸みがでます。

 

スタンディングキックバック

ぷりんと高いヒップを作りたいかたは、スタンディングキックバックがおすすめ

下腹にも効果がありますよ。

【やり方】

  1. 膝の上にバンドをセットする
  2. バンドがずれない程度まで足を開き、骨盤を立てて片足立ちになる
  3. 下腹に力を入れる
  4. 息を吐きながら片足を後ろへ引き上げる
  5. 限界まで引き上げたら元の体勢へ戻す
  6. 左右交互に行う
  7. 左右それぞれ10回を1セットとして3セット繰り返す

まっすぐに立つためにバランス力も鍛えられます。

両手は腰に添えておきましょう。

 

バンドデッドリフト

デッドリフトも筋トレでは重要なトレーニングメニュー。

バンドを使ったデッドリフトでは、太ももの裏とお尻の境目がはっきりと区別できるようになります

【やり方】

  1. 真っ直ぐに立ち両足をバンドの中にいれて踏む
  2. 腰で上半身を折って前屈し、両手でバンドの中心を持つ
  3. お腹に力を入れ、背中はまっすぐにする
  4. 息を吐きながらバンドを持ったまま上半身を上げ、限界がきたらゆっくりと上半身を下げる
  5. 10回を1セットとして3セット繰り返す

 

トレーニングバンドならSTEADY! 見ほれるヒップを手に入れよう!

トレーニングバンドのおすすめは、STEADYが製造・販売しているヒップバンドです

  • 自宅でできる筋トレが希望
  • 小さくて軽く収納に困らない筋トレグッズを探している
  • 準備が面倒くさい筋トレは続かない
  • 最近はスムーズに脂肪が落ちなくなってきた

こんな人にはヒップバンドがぴったり。

ECサイトの楽天でも上位の常連商品です。

しかもSTEADYのヒップバンドは負荷が違う3本セット!

ストレッチや筋トレなど、さまざまな運動に使えます。

小さく折り畳めるうえに軽く、収納や持運びに困りません。

台所で料理を作っているときやソファーでの読書のときなど、いつでもどこでも思い立ったらトレーニングが始められます。

STEADYのヒップバンドはたくさんの人に使われており、評判も上々。

たとえば、パーソナルトレーニングジム経営者の黄皓さんもその一人!

黄皓さんはバチェロレッテに出演した人気の男性で、婚活を制する美尻トレーニングをYouTubeチャンネルで紹介しています。

STEADYのヒップバンドは、パーソナルトレーナーにおすすめされたからというのが購入の動機である人も多く、下半身強化には定評があるアイテムなのですね。

 

STEADYのヒップバンドをおすすめしたい3つの理由

ではSTEADYのヒップバンド、おすすめの大きな理由を紹介します。

  • ながら運動にも最適で継続が容易
  • ズレがなく快適トレーニング!
  • 1回の購入で豪華なセット内容

 

ながら運動にも最適で継続が容易

いざ運動をと思っても、服を着替えたり部屋を片付けてアイテムを出したりしているうちに、やる気がなくなってしまうこともあるでしょう。

普段から運動をしていない人にとって、トレーニングのやる気を出すことはすでにそれだけでも大変なこと。

そこでSTEADYはながら運動に注目しました。

ヒップバンドはながら運動にも最適

たとえば読書中やパソコン中のトレーニング、煮物で台所を離れられないときなどにも、バンドがあれば下半身強化のトレーニングができます。

強度の違うバンドが3本あるので、目的に応じて使い分けましょう。

・イエロー・・・強度は「弱」(33~75㎏)。長さが44cmで女性や筋力がない人向け

・パープル・・・強度は「中」(51~98㎏)。長さは38cmで一般向け

・ピンク・・・強度は「強」(68~122㎏)。長さは35cmで男性や筋トレ上級者向け

ストレッチの補助、筋トレの負荷強化に家族全員で便利に使ってくださいね。

 

ズレがなく快適トレーニング!

ヒップバンドは、お腹の引き締めや美尻、ヨガ、ピラティスなどとも相性がぴったり!

バンドには滑り止めゴムを編みこんでいるためグリップ力が強く、トレーニング中にズレたり食い込んだりしません

またつなぎ目をフラットにしています。

縫い目が当たると肌に不快感がありますが、フラットなバンドであれば体に痛みなどがなく快適!

さらに耐久性にも自信がありますよ。

STEADYのヒップバンドはイギリスのロンドンが本拠地のインターテック社にて、耐久性試験を受けて高い評価を受けました。

もしも1年以内に破れたり切れたりした場合には、無料で新品と交換してもらえます。

 

1回の購入で豪華なセット内容

1回購入すれば3本の負荷が違うバンドと専用の収納袋、そしてトレーニング動画がセットで付いてきます!

3本のバンドを小さく畳んで1つの袋で持ち運べるため、カバンの中でバラバラになりませんません。

動画でトレーニングを解説しているのは、人気パーソナルトレーナーのKeikoさん。

複数のトレーニング方法や注意点を説明しているので、下半身強化に役立ててくださいね。

※トレーニング動画はDVDなどではなく、QRコードで読み込んでもらう形式です

 

30日以内なら返品OK(未開封の場合)! メーカー保証あり

STEADYの商品は品質に自信があるため、すべてに1年間保証あり!

バンドに不具合があればサポートセンターまで電話しましょう。

交換や返品をしてくれます。

また未開封で購入から30日以内であれば購入者都合による返品・返金もOK!

商品について何か困ったことがある場合には、メールでも相談できますよ。

手軽に毎日の中にトレーニングを取り入れられるアイテム、トレーニングバンド。

STEADYのヒップバンドは負荷別の3本セットで、家族みんなで使えます。

ヒップバンドで下半身強化をし、体力と筋力の向上とともに誰もが見ほれるような美しいヒップを手に入れましょう!

The following two tabs change content below.

関目いちこ

筋トレ・ボディメイクにはまったWebライター。筋トレやフィットネス関連記事を書いて4年目、筋トレ歴は8年目です。全国の24時間フィットネスジムを調べることが趣味で、信条は「落ち込んだときは筋トレをすべし」。