とにかく便利で簡単! STEADYの可変式ダンベルで全身をしなやかに鍛え上げよう!

製品

ダンベルは宅トレで最初に購入されることが多い器具

中でも筋肉部位や使う人に合わせて自由に重量を変えられる、便利な可変式のダンベルは多くのホームトレーニーに使われています。

ここでは可変式ダンベルの購入を考えている人に向けて、メリットやデメリットと選び方のポイント、おすすめの商品を紹介します。

きっと自分にピッタリの可変式ダンベルを発見できますよ。

 

可変式ダンベルは使い勝手よし! 長く使える筋トレアイテム

ダンベルには「おもり」と「持ち手」が一体化した固定式と、別々になっていて使うときに必要なおもりをセットする可変式があります。

使い勝手がよいのは可変式のダンベル

最大のメリットはあとでも述べますが、重量が自由に変えられることでしょう。

重量であるプレートを必要なだけ用意しておけば、1台持っているだけで筋肉部位による使い分けが可能です

そのため筋トレレベルが上がっても長く使い続けられるのですね。

特に本格的なトレーニングを自宅でしたい人にとっては必須の器具。

使いやすいダンベルを手に入れて、段階を踏みつつしっかり自分の筋肉を追い込んでいきましょう。

 

可変式ダンベルが持つメリット・デメリットは?

ではまずメリットとデメリットを確認していきます。

筋トレは、基本的に苦痛を伴うもの

メリットを覚えてモチベーションに変え、デメリットを理解して後悔がないようにしてください。

 

【可変式ダンベル】メリット3つ

購入するうえでのメリットは次の3つです。

 

  • 重量を変えられる
  • 1台で家族と共有できる
  • 本格的にトレーニングをするならコスパがよい

 

可変式ダンベルはプレートと呼ばれるおもりを何枚か重ねることで自分が望む重量にして使います。

筋肉はその部位によって、与える負荷の強さは変えなければなりません

たとえば上腕二頭筋を鍛えるときは5㎏のダンベルが最適でも、怪我をしやすい肩の筋肉・三頭筋を鍛えるときにはそれでは重すぎて危険です。

また、性別や年齢、トレーニングの量によってもピッタリの重量は違うもの。

可変式であればプレートの足し引きで、ダンベル1台の重さを適時変えられるのでとても楽です。

1台あれば家族や恋人との共有も可能。

可変式ダンベルは複数のプレートがセットされているため、何種類も重量が違うダンベルを用意する必要がありません。

筋肉量をどんどん上げていきたい人や本格的にトレーニングをしたいという人なら、固定式ダンベルを数種類購入するよりもコストを抑えられるでしょう。

 

【可変式ダンベル】デメリット2つ

可変式のデメリットは次の2点です。

 

  • プレートの付け替えが面倒
  • 収納場所を取る

 

重量を自由に変えられるということは、その手間がかかるということ。

固定式ダンベルなら取り出せばすぐにトレーニングに入れますが、可変式は最初に必要な重量をセットしなければなりません

この手間をどれだけ楽にできるかが、選び方のポイントです。

また、プレートをすべてつけた状態でセット収納するため、コンパクトな固定式に比べると収納場所を取ります。

存在感を放つので、部屋の床に置きっぱなしにしたくない人はデザイン性が高いものやコンパクトな商品を探しましょう。

 

可変式ダンベルを選ぶときのポイント3つ

ダンベルは市販商品がたくさんあります。

その中から自分に合うものを選ぶときのポイントを確認しましょう。

  • 重量
  • プレートの取り付け方
  • プレートの素材

 

重量で選ぶ

可変式のダンベルは幅広い商品展開が行われており、5㎏以下から40kg超えまでさまざまなセットがあります。

自分が必要とする重量のセットを選びましょう。

以下は目安の重量です。参考にしてください。

 

【筋トレ上級者、もしくは筋力に自信がある男性】
→総重量が40kg以上の商品

すでに十分な筋肉を持つ男性であれば、最重量が40kg以上のダンベルがおすすめ。

重量があるダンベルを使ってしっかりと筋肉に刺激を送りましょう。

 

【筋トレ初心者・女性・年配の人】

→総重量が30kg以下の商品

最重量が30kg以下のダンベルを選べば、筋肉がまだ全然ない人でも怪我の恐れがなくトレーニングを開始できます。

トレーニングを続けて筋肉ができてきたところから、徐々に重量を上げていきましょう。

 

プレートの取り付け方で選ぶ

ダンベルプレートの取り付け方で代表的なものは2種類。

「ピンタイプ」と「ダイヤルタイプ」です。

ピンタイプは昔からあるオーソドックスな可変式ダンベルで、ダンベルの両端についているピンを外してプレートの交換をします。

手間はかかりますが、シンプルな作りのため故障しにくいというメリットがありますよ

そしてダイヤルタイプは、重量の変更をスムーズにして極力手間がかからないようにしてある新しい可変式ダンベル

ダンベルについているダイヤルを回す、もしくはボタンを押して希望重量に設定すれば数秒で重さの変更が可能です。

付け替え時にプレートを落とす危険性もなく、トレーニング中の集中力を遮りません。

ただし収納場所を取り、費用は高めです。

 

プレートの素材で選ぶ

プレートの素材に何を使っているかで、費用などが違ってきます。

 

【アイアン】

プレートの中で最も使われているのがアイアン。

安価で手軽な素材のため、アイアン商品は価格も抑えられています。

ただし手汗などがつくと錆びやすく、マメなお手入れが必要。

そして落としたり乱暴に置いたりすると床材を傷付けるうえに、床と接触時の音も大きめです。

 

【ラバーコーティング】

アイアンのプレートをゴム(ラバー)でコーティングしたダンベルです。

汗からプレート表面を守り、床との接触時にも音が小さく床材を傷付ける心配がありません。

全面コーティングと外側だけのコーティング商品がありますが、外側のみコーティングされている商品の方が費用は安いですよ。

 

【クロム】

表面にメッキ加工したダンベルがクロム。

汗などにも強くて錆びにくく、キラキラとメタリックに光ってお洒落です。

ただしメッキが剥げてしまうと怪我の原因になるうえ、見た目も悪くなってしまいます。

お手入れができる人におすすめですね。

なお、費用は3つの中で最も高価です。

 

可変式ダンベルはSTEADY商品がおすすめ!

おすすめの可変式ダンベルは、STEADY商品です!

これ1台(1セット)あれば、もう他のダンベルは必要ありません。

販売は2㎏~20㎏まで7段階調節可能なタイプと2.5㎏~12.5㎏まで5段階調節可能なタイプ、2種類があります。

もちろん単体でもセットでも購入可能なので、両手分が必要な方はセットでどうぞ。

楽天のダンベル商品ランキングでも1位を獲得!

ランキング上位の常連商品です。

全身を幅広く鍛えられるうえ、家族で共有できると人気ですよ。

 

STEADYの可変式ダンベルで本格筋トレ! チェックポイントは4つ

本格的な筋トレができるSTEADYの可変式ダンベル。

その魅力、チェックしてほしいポイントは大きくわけて4つあります。

  • 簡単に重量を調整できて使う人を限定しない
  • 使いやすくコンパクト
  • スタイリッシュで頑丈
  • 配慮が嬉しい運搬と1年のメーカー保証

 

男女で共有できる! 使う人を限定しない可変式ダンベル!

STEADYの可変式ダンベルは複数の段階調節が可能。

指でつまみをスライドさせるだけ、わずか1秒で7段階の重量変化が叶います(2㎏~20㎏商品の場合)。

つまみは軽いので片手で扱え、女性や子供、年配者でも楽に重量調節ができますよ。

おもりを付け替える必要がないので、プレートを落として怪我をしたり床を傷付けたりする恐れもありません。

2kg-20kgのタイプは両手で持つと最大重量40kg。

かなりハードな筋トレも可能のため、しっかりと筋トレで体を作りたい男性も、軽めの負荷でしなやかな体型を作りたい女性にもぴったりです。

ダンベルでできるトレーニングメニューの例は以下をチェックしてください。

 

コンパクトでも本格的なトレーニングが可能! プレゼントにも人気

ダンベルなどのトレーニング器具で使いにくさを感じる場合、グリップが手汗で滑りやすいとか、サイズが大きすぎるとかの問題があります。

STEADYの可変式ダンベルは、人間工学に基づく握りやすいグリップ幅と長さを実現

そして本格ジムで最も支持を受けているダイヤローレット加工をバーに施し、滑りにくくしています

さらに嬉しいのはプロのトレーナー陣によるトレーニングの解説動画がついていること。

筋トレは正しい姿勢でちょうどよい負荷を与えなければ、筋肉は育たず怪我をしてしまいます

しかしプロによる動画があれば自宅で一人トレーニングをするときも簡単!

姿勢やチェックポイントを学びながらトレーニングをしてくださいね。

また、STEADYの可変式ダンベルは女性でも持ちやすいコンパクトなサイズ。

夫へのプレゼントだけでなく、妻へのプレゼントとしても喜ばれていますよ。

 

頑丈で長持ち・見た目もスタイリッシュな可変式ダンベル

故障しにくいように、各パーツは極めてシンプル。

複雑な構造をしていないため、壊れにくく頑丈です。

プレートは耐摩耗性・耐久性に優れた塗装を施しているので、表面が剥げたり錆びたりする可能性が低くなっています。

リビングに出しっぱなしにしていてもよいとレビューがあるほどにスタイリッシュな外観で、比較的コンパクトなのでソファーの下などに収納も可能。

出しっぱなしで置いておけると、目に入る頻度が上がるため筋トレをしようかなという気になりやすくなります。

モチベーションの維持にもなりますよね。

また、万が一子供や年配者が触っても大丈夫なように、セーフロックシステムを採用しています

プレートの間の溝とストッパーがプレートを強く固定して抜け落ちないので、ダンベルを動かしたときにプレートが落下せずに安心です。

 

運搬時の配慮にメーカー保証もついてくる!

ダンベルは重さがある商品です。

1つの箱にまとめてしまうと重量のため怪我をする可能性があるので、購入者が安全に受け取れるように、2口梱包で届きます。

さらに嬉しいのが1年間のメーカー保証

万が一不具合があれば速やかに取り替えてくれるうえ、未開封で30日以内の連絡であれば購入者都合による返品も受け付けてくれます。

ダンベルは1つあれば肩・腕・胸・背中・お腹・お尻・太もも・ふくらはぎと、全身のどこでも鍛えられる便利な筋トレ器具です

手作業によるプレートの交換が不要で、使う人を選ばないコンパクト設計の可変式ダンベル。

STEADYの「すぐ・らく・そば」にあるダンベルで、理想の体を作っていきましょう。

The following two tabs change content below.

関目いちこ

筋トレ・ボディメイクにはまったWebライター。筋トレやフィットネス関連記事を書いて3年目、筋トレ歴は8年目です。全国の24時間フィットネスジムを調べることが趣味で、好きな言葉は「筋トレは人を救う」。